MEC食を意識した糖質制限できなかった8ヶ月目

スポンサーリンク

予定通り12月後半は糖質制限にブレーキがかかりました

もともとわかっていたことなのですが、12月後半は糖質を制限できない期間がありました。
4日弱ぶっ続けでコンビニ弁当など糖質制限を忘れ去った食生活を送りました。
それでも、例年に比べると食事以外で糖質を摂りたい欲求が起きなかったのが幸いです。

現在は通常の生活に戻ってきました。
以前糖質制限したときは、ここからズルズルと糖質制限解除されていってしまいました。
今回は同じ轍を踏まぬよう気を引き締めたいです。

体重の変化

66.0kg → 65.2kg(体脂肪率33%)

体重が減っているのは年末から正月にかけて風邪を引き絶食に近い日を数日過ごしたためです。
また64kgほどまでおちてそこから増えました。

おかげで糖質をがっつり摂ったあとの体重の変化がよくわからなくなってしまいました。

また、先日体重計に物を落としてしまい体重計が凹みました。
多分、体重はあっていると思うのですが測定が安定するまでに時間がかかります。
体脂肪率はあっているのかあやしいところです。

夫はかなり外見が変わった

年末年始の不調と仕事始めでバタバタとしていたので夫の体重は測っていないのですが一緒に生活していてもはっきりわかるぐらい外見が変わりました。

特に30代前半から若白髪でずっときていて、糖質制限を始めたあたりでたまたま白髪染めも開始したのも手伝って少し若返って見えるようになったかもしれません。

オヤジ体型の改善+白髪染めの効果なのか、自分も同伴した会社の忘年会では外見が良い方に変わったと何人かの方に指摘されていました。

ただ、結果が順調で気が緩んだのか、ちょっと糖質制限が甘くなっているところが見受けられます。

この先の夫自身の目標を確認しつつ食事の内容について話し合いたいと思います。

新年気持ちを新たに

上で夫の気の緩みについて書きつつも、私自身も随分と気が緩んでいます。
せっかくの年の始まりなので改めて気を引き締めて取り組みたいです。

特に重視したい体力づくり

風邪が治ってから初詣に行ったのですが何度も通っている緩やかな坂道がやたらしんどく感じました。

病み上がりというのを差し引いても体力が随分と落ちている気がします。

もとはおそらく11月に落とした体重が原因ではないかと考えています。
絶食で落とした体重は水分と筋肉で、その後筋力を取り戻すことなくまた絶食をしてしまう結果になってしまいました。

体力がなく疲れやすい・酷い冷え性は筋肉のなさから来ているのか?と年末に思い当たりました。

やっと通常の生活に戻ってきたのでストレッチや筋トレを生活に組み込んでそれらの不調が改善するか自分で確認して行こうと思います。

スポンサーリンク

フォローする