ルイボスティーをやめて黒豆ほうじ茶をのんでいます

スポンサーリンク

普段の水分補給に 黒豆ほうじ茶を 飲んでいます

以前はルイボスティーを飲んでいたのですが 喉のイガイガが気になり、 ついには息苦しさも感じたので アレルギー症状を疑い飲むのを中止しました。

手軽に買える ノンカフェインのお茶として 麦茶があったのですが、 体の冷えが気になって 他に何かないかと探していました。

近所のスーパーのお茶売り場に いろんな種類のお茶があったのですが 中で黒豆ほうじ茶が 目に留まりました。

ほうじ茶はノンカフェインではないけれども、お茶の中では少ないほう。
黒豆はカフェインはないですし、ポリフェノールはなんとなく体に良さそう。
体は冷えないかな?大丈夫かな?とその場で検索してみると、むしろ冷え性改善に効果的らしいという情報まで。

よし黒豆ほうじ茶にしようと決めました。

ほうじ茶と黒豆を別々に購入することに

見かけた黒豆ほうじ茶は ティーバックに入ったものでした。
入り数も少なく なんだかコスパがすごく悪いように感じたので、 普通のほうじ茶パックと 乾物売り場で黒豆を 買いました。

お茶も飲んで豆も食べる

黒豆はそのままではお茶にできないので自宅で煎る必要があります。

煮出す時にはお茶パックに入れることが多いようですが、 黒豆を後からつまみたかったので 紅茶用に使っていたティーストレーナーを使うことにしました。

柄の部分も熱くなるので注意

市販の黒豆ほうじ茶を飲んでいないので 比較出来ませんが、 ほうじ茶 の香ばしさと 黒豆のかすかな風味が マッチしていて美味しいです。
口コミでみていた評判と同じような感想なので 市販のものとそこまで差はないんじゃないかと思います。

暖かくなったので冷え性への効果は不明

冷え性への効果も多少期待したのですが、飲み始めてからすぐに気温上昇して、冷えもあまり感じなくなってしまってました。
今はさらに暖かく、汗ばむ日もあるぐらいなので、ただのほうじ茶でもいい気がします。
でも、煎る手間はかかりますが 黒豆を入れた方が 好みの味ですし 残った黒豆をつまむのも好きなので次の冬に向けて継続していこうと思います。

スポンサーリンク

フォローする