mec食生活がちょっとラクになるチーズカッター

MEC食のチーズのうち、よく食べているのは相変わらずファミリアチーズです。

ファミリアチーズは必要な分だけカットして食べるのですが、チーズは包丁でカットするのには割りと不向きな食材です。

包丁の側面にチーズが張り付いて切りづらいですし、チーズの弾力のおかげで刃がスッと入らずきれいにスパッと切れないことも多いのです。

結局それが面倒で、ここ最近は不精にもほどがあってアレなのですがカットせずに指でちぎって食べたりしてました。

チーズをカットするための専用のカッターが少し前から気になっていたのですが、たまたま立ち寄った東急ハンズでみかけて買ってしまいました。
200円ぐらいでしたが、ネットだと送料込みで300円ぐらいで売っていますね。

チーズカッターでカットする様子を動画で撮ってみました。

スマホを片手にもちながらだったのでもたついていますが、それでも片手でスッと切ることができました。

ピアノ線部分はエッグスライサーなんかと同じ感じなのかと思っていましたが、もっと太くてしっかりしていました。
コストコやネットでチーズをまとめ買いして冷凍するためにスライスするという使い方がレビューなどでも見られたのですが、確かにハード系やセミハード系チーズでもカットできそうです。

チーズを載せているのは、細長いガラス容器を裏返したものです。

まな板だと、チーズカッターのフレームや手が当たって底面部分が切り離せないので、このような台を使ったほうがカットしやすいと思います。

何枚切っても切れ味変わらず、厚みもフレームの範囲内なら自由なので薄くカットすることも出来ます。

一気にカットして冷凍しておくと後々便利だと思います。薄く切っておけば解凍もはやくできそうですし。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク