三角コーナー代わりに新聞で調理中のゴミ入れをつくる

スポンサーリンク

調理中に出るゴミの処理方法はずっと試行錯誤中

三角コーナーは掃除のことを考えるとそれだけでうんざりしてしまうので今まで使ったことがありません。

とは言え、調理しているとどうしても野菜の皮や卵のカラなど細々としたゴミがでてしまいます。

直接ゴミ箱に入れたりしていたのですが、夏場のニオイがひどくどうにかならないものかと考えていました。

とりあえず何かを買い足すのは最終手段としてどうにかしようと調べていたらちょうど良さそうな動画がありました。

新聞は取っていないので、市の広報誌でつくってみました。

動画の通りとても簡単で覚えやすいので不器用な自分でもなんとか作ることができました。そしてこの便利袋の良いところは自立するところとポリ袋にすっぽり入るところです。

最後はポリ袋を縛って捨てるだけですが、新聞とポリ袋のお陰で嫌なニオイはかなり軽減されました。

広報誌より大きい新聞紙だとポリ袋には入らないかもしれないですが、深さがあって自立するのでゴミ入れにぴったりだと思います。

新聞で折る箱といえば

このタイプは以前まとめてつくって使っていた時もあります。

調理中は開けているこちらのタイプのほうが使いやすいのですが、使いやすいサイズで作ると便利袋のようにポリ袋にいれられないので水がかかったりすると破れてしまうこともあったり。
(二重にして折っているので野菜に付いている程度の水分ならば大丈夫だったのですが)

卓上における小さなゴミ箱やポリ袋ホルダーを購入しようかと思っていたのですが、狭い調理台で自分しか使わないのなら見た目はわるくてもこの新聞袋で十分でした。

スポンサーリンク

フォローする