ハンドスチーマーのお供クリップハンガー

ハンドスチーマーで スラックスのシワ取りやプレスをしようとしたとき 必要になってくるのが ズボン用のクリップハンガーです。
以前から使っている2種類のクリップハンガーがあるのですが、 どちらも不満があります。

滑らないタイプのクリップハンガー

このハンガーは滑らないタイプでは割と有名なハンガーなのですが、 意外と押さえる力が弱いです。
弱くても 滑り止め効果は抜群なので、 衣類には優しく扱いやすいハンガーだと思います。
ただこれを使ってズボンのシワ取りと軽くプレスをしたいと思った時は、 押さえる力の弱さが気になります。
スチームをあてるときには ズボンを引っ張ってテンションを掛けるのですが、 引っ張りに弱いのですぐに ずり落ちてきてしまいます。

よくあるタイプのクリップハンガー

こちらはグリップ力 には不満はなく テンションをかけつつスチームをあてることが出来ます。
ただコンパクトタイプのものを選んでしまったので、 裾の幅よりも ハンガーの方が 小さくて 安定感に欠けます。

ズボンのシワ取りや プレスにハンディスチーマーを使う時には、 グリップ力があって ズボンの裾全体を 挟むことができる幅広のクリップハンガーがあると一層便利です。

スチームをあててある程度冷えたらズボン用のハンガーにかけなおすので 2本ぐらいそういう便利なクリップハンガーを持っておきたいです。

ズボン用ハンガーはダイソーがおすすめ

ダイソーの滑らないスラックス用ハンガーをズボンの保管に使っています

  • ズボンを吊るした時の バランスが良く偏りにくい
  • つるの部分が ゆったりしていて ズボンを 通しやすい

似たようなハンガーは セリアやキャンドゥにもあるのですが 比べてみると ダイソーのものが一番使いやすかったです

セリアのハンガーは色はいいけど不安定

ただ人気商品なのか売っているところをあまり見ないのと、あっても色が写真のようなにぎやかな色味しか置いていないことが多いです。

同じコーナーにはブラウンやアイボリーのような ナチュラルな色の他の形のハンガーはあるので、 もしかしたら ズボン用の ハンガーも そのようなカラーが あるのかもしれません。

スポンサーリンク